軽自動車にかかる諸経費

軽自動車にかかる諸経費

 

最近ではだいぶ普及した軽自動車。
日によっては普通車よりも軽自動車のほうをよくみかけるときもあります。
そんな軽自動車にかかる諸経費はどのくらいでしょうか?
軽自動車は乗用車にと比較して、新車を購入した際にかかる諸経費は安くなります。
車種によってかかる諸経費は違ってきますが、軽自動車は乗用車にと比較して安いという点だけは違いがないでしょう。
新車を購入する際には、軽自動車でも普通車でもどちらも諸経費がかかります。
この諸経費、ほとんど税金なのですが普通車よりも軽自動車のほうが優遇されています。
まず自動車税ですが、軽自動車の場合は一律で年額7,200円ほど軽自動車税がかかります。
しかし乗用車の場合は排気量によって払う自動車税が違ってきます。
排気量の多い乗用車に乗れば乗るほど自動車税の差はついていくため、軽自動車に比べて乗用車のほうがかかる諸経費が増えてきます。
また自動車重量税も軽自動車のほうが安いです。
自動車重量税は自動車を所得したら、車検の際に納めなければならない税金ですが、自動車の重量によってこちらも違ってきます。
しかし、軽自動車の場合は一律のため、重量に差があればあるほどに乗用車のほうが諸経費が高額になります。

 

クルマのこと、調べよう