車庫証明の取り方マニュアル

車庫証明の書き方から取得方法、申請手続きの仕方など『自分がわからなかったから調べてみたこと』を残しています。
車の車庫証明の取り方に迷った時の参考にされてみてください。

 

車庫証明の取り方

車庫証明の取り方をご存知でしょうか?
車庫証明を手に入れるためには、まず車庫証明申請書類一式を手に入れた後、必要事項を記入してあなたの住所がある地域の管轄の警察署や運輸支局(陸運支局)に提出する必要があります。

 

車庫証明申請書類一式は地域の管轄の警察署や運輸支局(陸運支局)からとることもできますが、地域によってはインターネットを利用してダウンロードをすることもできます。ダウンロードできるということは、車庫証明の取りに警察署や運輸支局や出向き、記入したあとまた提出しに行く・・・という手間を省き、車庫証明申請書類一式をもった状態で申請しに行くだけでよいということです。これは便利ですよね。

 

ただ、車庫証明申請書類一式は地域によってはダウンロードができないところもあるので、注意してください。また、いくら車庫証明申請書類一式をもらってきてもまず車庫証明を申請するための駐車スペースが確保してなければ意味がありません
車庫証明を取りたいのならば、まず最初に自動車の駐車スペースを確保してから車庫証明申請書類一式を手に入れ、提出するようにしましょう。

 

 

まずは駐車場を確保しよう

 

●車庫証明を申請する前に、まず注射スペースの確保は必須です。車庫証明が発行されるための条件として、自宅から駐車場までの距離が直線で2q以内であることが条件となります。自宅マンションに注射契約がない方などは近隣の月極駐車場を契約すると思いますが、距離の確認をきちんとしましょう。
●そのほか、車庫から道路へ車がスムーズに入庫・出庫できることや駐車スペースにとめた車の前後左右に、きちんと余裕があることも大切です。

車庫証明に必要な書類とは

車庫証明に必要な書類とはいったいどんな書類かご存知でしょうか?

 

 

「自動車保管場所証明申請書」いわゆる車庫証明の申請書は各都道府県の警察署サイトからダウンロードできます。
たいていの場合4枚つづりとなっており、複写にはなっていないために1枚ずつ手で書いていかなければいけません。
車庫証明を申請するために必要な書類をそろえる必要があります。

 

●保管場所使用権原疎明書面(自認書)
●保管場所使用承諾証明書
●自動車保管場所証明申請書
●保管場所の所在図・配置図

 

最後に自動車の使用の本拠の位置が確認できるものをそろえる必要があります。
これらの書類を不備なく揃え、保管場所の所在地を管轄している警察署の交通課の「車庫証明窓口」に提出することで申請することができます。
申請手数料はだいたい2,100円程度です。
受付時間は平日なので、勤めている方は提出しにくいかと思いますが、できるだけ早くに時間を作って車庫証明を申請するようにしましょう。
なお、軽自動車の場合は「自動車保管場所証明申請書」ではなく「自動車保管場所届出書」を提出します。

 

車庫証明の申請書類に虚偽の内容を書いた場合・・20万円以下の罰金が科せられます!!

車庫証明にかかる費用

車庫証明にかかる費用はどのくらいなのでしょうか?車庫証明にかかる費用をもう少し詳しく調べてみました。

 

車庫証明の申請に必要な手続きは軽自動車でも普通車でもさほど違いはありません。
都道府県によって車庫証明を申請する手続きに必要な手数料は違います。

 

 

しかしそれほど差があるわけではなく、普通車の場合押しなべて2,500円〜2,800円程度の費用になります。軽自動車の場合は普通車よりも安く、500円〜600円程度になります。

 

この軽自動車と普通車の車庫証明の申請に必要な費用の差からもわかるように、軽自動車と普通車ではもろもろの維持費で差があります。
たいていの場合軽自動車のほうが安くすみます。普通車にも大きさや加速スピードなどメリットはありますが、自動車の維持費の安さでは軽自動車の方が上だといえるでしょう。

 

ただ、軽自動車の車庫証明を申請するときは、期日に気をつけてください。軽自動車の車庫証明の申請はナンバーを取得してから15日以内に届け出なければいけません。軽自動車の車庫証明の申請と普通車の車庫証明の申請とでは、車庫証明の手続きにかかる費用だけでなく、期日にも違いがあるので注意しましょう。

軽自動車の車庫証明

軽自動車の車庫証明はどうやって申請すれば良いのでしょうか?

 

 

基本的には軽自動車の車庫証明の申請方法は、普通車の車庫証明の申請方法とほとんど変わりません。

 

また、軽自動車の車庫証明は地域によって軽自動車の車庫証明が必要な地域と軽自動車の車庫証明が必要ない地域があるので、軽自動車の車庫証明を申請する前にご自身のいる地域が軽自動車の車庫証明を必要とする地域かどうか調べてから申請するようにしましょう。

 

ただ、基本的には都市部の場合は軽自動車の車庫証明の申請が必要になります。また、軽自動車の車庫証明は提出までの期日が設けられています。軽自動車の車庫証明の申請は、ナンバーを取得してから15日以内に届け出なければいけません。

 

軽自動車の納品からだいたい2週間以内には申請しなければいけないので、忙しい方は軽自動車が納品されたその日に車庫証明の申請をするようにしましょう。軽自動車は普通車に比べて税金面などでお安く維持することが出来る自動車です。車庫証明の申請を正しく行い、憂いなく軽自動車でのドライブを楽しんでください。

更新履歴